自由診療について

クラウン

gold2

ゴールドクラウン

利点

ゴールドクラウンは、硬すぎず柔らかすぎず、噛み合う歯に対しても相性がとても良い材料です。金属の展延性により破断せず、噛む力に対し柔軟に適応することから大臼歯のクラウンにはゴールドを勧めています。
保険で使用する銀合金に対して、展延性、歯との適合といずれの特徴も優れております。

欠点

金属色の光沢があること、白色ではないためにどうしても目立ってしまいます。可能な場合には頰側のみレジン樹脂をコーティングして少しでも目立ちにくくすることは出来ますが、その分歯を多く削る必要があります。

値段

100,000円~150,000円(追加処置等により値段が変わりますのでご注意下さい。)

ceramic

セラミッククラウン

利点

見た目がとても綺麗で、天然歯と近い色調を再現することが可能です。
ただ白いだけではなく、他の歯の色に合わせて作ることが出来るため色の再現性が高いです。

欠点

セラミックは延性、展性が無いためクラウンが破折するリスクが生じます。また、破折を防止するために金属冠よりも多く歯を削る必要があります。

値段

100,000円~150,000円(追加処置等により値段が変わりますのでご注意下さい。)

義歯

自由診療で義歯を製作する際には、保険診療の義歯と比較して設計や使用する材料の選択肢が広がります。例としては金属のフレームを内部に入れ込み強度を上げたり、粘膜と接する面に柔らかいシリコーンを貼ることが出来ます。ご希望の沿う設計プランを提案させていただきます。

設計の一例を紹介します。

jiyu

メタルフレーム義歯

金属の骨組みが入っているため、ねじれに対する強度が高いです。また、白金合金のバネ(クラスプ)を使用することで付け心地が軽く、バネをかける歯の負担が少ないです。透明の樹脂を使って製作するため、口の中の自然な色調を透過して再現することが出来ます。

値段

歯本体 330,000円
※白金合金クラスプ1つにつき44,000円が加算されます。
※チタンフレームでは660,00円の加算となります。
※抜けた歯の状態により、値段が異なる場合がございます。

虫歯

メタルフレーム義歯制作例

歯本体:330,000円 + 白金合金クラスプ:44,000円 2本 =418,000円

jiyu3

ノンメタルクラスプデンチャー

歯肉色の樹脂で出来たバネを使った義歯です。金属のバネが嫌な方、義歯が目立つのを気にされる方はこちらをお勧めします。こちらの義歯では必ず金属の骨組みを入れる設計となります。金属アレルギーが気になる方は、チタン製のフレームを使用されることをお勧めします。
特殊な樹脂を使用しているため、バネ部分の破損は修理が効かないことが欠点です。

値段

値段:義歯本体 385,000円(3歯以上)
※抜けた歯の位置により値段が異なる場合がございます。
※チタンフレームの場合は66,000円の加算となります。

sirikon2

シリコーン裏装

利点

粘膜面に柔らかいシリコーンを貼ることで、噛んだ際の力を緩和することができます。多くの歯を失っている場合に有効ですが、決まった種類の洗浄剤を使用していただけない場合にはシリコーンに着色が生じます。必ず、指定の洗浄剤(クリネ)をご使用ください。