義歯・入れ歯

「歯や粘膜に負担をかけず、長く使える義歯」を目指して作ります。

大野歯科医院では「歯や粘膜に負担をかけず、長く使える」ことを第一に考えて義歯を設計しています。
患者さんに毎日使っていただくものですから、使いやすく、口腔内に合ったものを、安全第一の無理のない設計で作製します。

 

入れ歯を作るのは、オーダースーツを作るのと同じです。材料はどうしようか、こんな風にしてほしい、
こんなことは出来るのかな、と患者さんの様々な要望に応えさせていただきます。

設計コンセプト

ireba- concept

「使いやすく、修理が効いて長く使える」義歯を作ります。

入れ歯を使っているときには外れない、落ちてこないことは大事ですが、取り外しが簡単な方がいい。
これらを両立させるには、入れ歯の設計する時点でのポイントがあります。模型上で歯や顎の形を考慮して設計を行います。

万が一の為にも対策を。修理用の模型も当院で保管しています。

義歯は毎日使うものですので、お手入れの際にうっかり落として壊してしまったり、無理をして割れてしまったりということもあるかと思います。
そのような際のことを考え、修理がしやすい設計を行っております。また、義歯作製時に使用した模型を修理用として保管しておりますので修理もスムーズに行うことが可能です

歯科技工所との綿密なコミュニケーションで、より使いやすい義歯を

副院長は大学病院勤務していた際には義歯を作製しておりました。
その際の経験を生かし、当院では歯科技工所と綿密な連携をとっております。
歯科医師、歯科技工士が互いの立場で意見を出し合い、より使いやすい義歯を作製出来るように努めております。

ご希望を伺った上で基本設計を行います

まずは患者さんの今の悩み、ご希望をお伺いした上で診断用の模型を作ります。
現状の義歯の状態やご希望を考慮した上で模型を参考に義歯の設計をしていきます。

歯科技工士と相談し、最終的な設計を決定します

歯科医師のプランを基に、歯科技工士が設計を検討します。歯科医師、歯科技工士がそれぞれ最良のプランを持ち寄り、設計案をまとめていきます。

義歯を作製した際の模型は、当院で保管します。

通常では義歯作製時の模型は壊してしまいますが、当院の提携技工所では模型を残すように工夫しています。
模型が残っていることで、義歯修理をスムーズに行うことが出来ます。

義歯のシリコーン裏装について

sirikon2

噛んだときに痛みを感じる方にはシリコーン裏装をお勧めしております。

義歯の硬い底面に柔らかい生体用シリコーンをつけることで、歯茎にかかる圧力を軽減し粘膜との密着度を高めます。痛みが和らぎ、しっかり咬めるなどの利点があります。
また、顎の骨が大きく吸収している方では、義歯が安定しやすく中に食べものが入りにくい利点もあります。

シリコーン裏装が行える義歯には条件があります。必ず歯科医師に確認してください。

シリコーン裏装を行う際には、破折を防ぐために義歯の内部に金属のフレームが入っていることが必須となります。シリコーン裏装を希望される方は、必ず最初にお伝えください。